醍醐味の一つ、すばらしい景色がたまに見れる

サーフィン始めて良かったこと

サーフィン始めて良かったことの一つとして、すばらしい風景に出会えるってこと。
ぼくは写真を撮るのが好きなんですが、風景写真は、その時の天気、時間など色んな条件が整わないとなかなかいい風景に巡り会えない。

かといって、写真を撮るためだけに1時間半以上もかけてくるのはめんどくさい。

なんて思ってたんです。だから海の写真はいつも真昼間の写真ばかり。

でも、サーフィンを始めるようになってから日が出る前に海にたどり着くことが多くなった。

だから、自然と絶景の朝焼けに出会えるチャンスも広がった。
いつも一眼レフを持って行かないのですが、たまたま午後から浜松で用事があったので今日はカメラを持って来てました。

海に着く頃、あたりの空がだんだんオレンジになってくる。
「すげー。めっちゃ綺麗やん」

って思って思わすカメラをカバンから出して、海まで走って行きました。

そんな時に撮れた写真がこちら。

しばらく待っていたら、サーファーがやって来てこんなナイスなロケーションになりました。

どこ?これ?日本なの?って感じでした。

小一時間車を走らせて来たビーチリゾートって気分でした。

そんな日の夕方は遊覧船で浜名湖巡り、その時の夕日がこれ。

岡本 敏成

岡本 敏成

昭和48年2月生まれ、生息場所は愛知県碧南市にある印刷会社(株式会社一心舎)。 とにかく何でも自分でやってみないと気が済まない性格でとりあえず色んな物に手を出し、気に入ったもの楽しいことには深入りするタイプ。 エクスマ66期 ニックネームは「ポイズン」。

Leave a Replay