最近車を変えました。何を隠そう僕は車好きです。過去にも車を改造したりして移動手段としてでなくおもちゃとして車に乗ってきました。過去の車の記事

その後は、子育て中でもあったのでワンボックスにしたりと移動手段としての車を購入していましたが、そろそろ乗っていて楽しい車がほしいなと思い出してきました。

MINI

そこでまず購入した車はミニクーパー。それも天井が開くやつで、しかも6速マニュアル車。

MINI COOPER-S SIDEWALK
MINI COOPER-S SIDEWALK

一生に一度はオープンカーを所有してみたかったので購入した車です。

気候的に屋根をオープンにできるのは4月から6月くらいと9月から11月くらいの間です。

であることに気づきました。

ぼく花粉症だった。

イネ花粉もダメだから、結局ほとんど開けられませんでした。

そんなこんなでほとんど会社のプリウス30系に乗っていました。なにより燃費がいいのとスーッとすべるような感じが意外と気に入っていました。車重が軽いのでパワーモードにするとそこそこの加速をします。

気に入ってはいましたが、もうワンランク上のハイブリットがほしくなりました。そこで候補に上がったのがSAIとレクサスHS。ベースは同じですが一度はレクサスにと思いHSにしました。

HSに乗ってみて

プリウスのモーター出力は82ps、エンジンと組み合わせた合計出力は136ps、レクサスのモーター出力は143ps、エンジンと組み合わせた合計出力は190psと数値だけ見るとプリウスよりすごくパワーがあるように思えます。実際この数値を期待して購入しました。

しかし、実際に走ってみるとその恩恵はほとんど感じなく、逆にHSはすぐにエンジンがかかってしまうのでハイブリットに乗っている感覚が薄らいでしまいました。

HSは乗っている人たちが結構高齢な方が多いのでその辺も踏まえてセッテイングがされているんだと思いました。正直残念の一言。

僕が乗っていたのはversionCですが、内装もめちゃくちゃいいというわけでもなく中途半端な感じでモヤモヤしながら乗っていました。ただレクサスというエンブレムのついた普通の車に乗っているそんな感じでした。

買い替え欲が

車好きな自分ですので車を運転している時は至福のひと時です。

そんな自分が運転を楽しめていない。そんな思いで見かけるマツダのCM「Be a driver」

クリーンディーゼルへの憧れが強くなってきました。ディーゼル車はトルクが高くマツダの2.2Lのディーゼルエンジンのトルクは42.8kgf・mです。

このトルクはガソリンエンジンにしてみたら4000ccくらいのエンジンを積んだ車並みのトルクらしい。さらに燃費もよく軽油自体が安い。ますますディーゼルエンジンに惹かれていきました。

そこで候補に上がるのがマツダアテンザでした。

ate

 

デザインもかっこいい。そしてこのソウルレッドという色は光が当たると独特の雰囲気をかもし出します。

あと、ディーゼルといえば欧州車も浮上してきます。BMW320dとBMW523dも気になります。

bm

bm2

BMWはマツダに比べ所有感が高いです。しかし値段も高いし維持費も心配です。

買い替えに際して

そこで買い替えの際になるべく足を出したくないので新車ではなく中古車という選択にしました。ぼく自身飽き性なので車は中古車で十分と思っています。どうせ新車で買っても1K走ったら中古車になってしまうのですから。

まずは中古車サイトで車探し。めぼしそうなのを見つけては実車を見に行きました。しかし、どれもいかにも中古車って感じがして納得できず購入に至っていませんでした。

中古車なのに中古車っぽいって表現がおかしいですが、車の建て付けが悪いのか乗っていたオーナーが悪いのか中古車屋が手抜きなのかわかりませんが、とにかく程度のいい中古車に巡り会えませんでした。

まったく候補になかったアウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV自体は新車で購入すると450万円くらいします。車の仕組み自体すごく興味があったのですがデザイン・内容がいまいちであの値段だったのでぼくの候補から外れていました。

そんな時、どこかの記事で三菱の不正問題で三菱の中古車がとてもお買い得になっていると知り、さっそく検索サイトで探してみたら確かに安くなっていた。この値段なら全然いいやんと思って検索サイトを見ていた土曜日の朝。昨日までなかったのに近所の中古車屋のページに掲載された。

土曜日だったのですぐに実車を見に行き、その場で注文しました。

実車を見てみて内装はやはりいまいちでしたが、外観はそれほどでもないなと思っています。

たまにこれと間違われます。値段は2〜3倍違いますが

renge

 

会う人会う人に言われました。このタイミングで三菱車って「らしいね」って

実際に乗ってみて気に入っているところ

  • 加速がいい

モーター駆動なのでエンジン車のように回転数によって馬力やトルクのピークが変わることがなくどの領域でも最大出力で加速する。

  • 燃費がいい

街乗りで充電しながら乗っている分にはめちゃくちゃ燃費がいい。乗り方や電気代にもよりますが燃料費換算すると40km/Lほど。

  • 4輪駆動である。

前と後ろに独立した2つのモーターがあり4WDとして機能する。

  • ラゲッジルームが広い。

SUVなのでラゲッジルームが広い。これだけの燃費性能で走れるSUVは他にない。

  • 家庭用100Vのコンセントが付いている。

家庭用のコンセントが付いていてエンジンで発電しているため車を発電機として使える。

  • エアコンつけぱなしOK

エンジンがかかることなくエアコンつかっぱなしにできる。車の中で仮眠する時は最高。プリウスでもできるが途中エンジンがかかるたびに目がさめる。

  • いろいろなことを考えながら運転できる。

ただ運転するだけでなく、どうすれば燃費があがるのかなど考えながら運転できるのでゲーム感覚で乗ることができる。

  • ショッピングモールで駐車場が優遇される

今までは休日にイオンなどのショッピングモールに行くと車を止めるだけでも大変ですが、EVになると充電ステーションに止められます。

結構空いていることが多いので予約席みたいなものです。おまけに1時間無料で充電もできてしまします。

IMG_4133

この他にも細かいところで気に入っているところはたくさんあります。Gナビパッケージというグレードを選択しましたが、装備も充実していてとてもお買い得な車でとても満足しています。