台湾旅行記4-鼎泰豐本店

台湾二日目の朝、朝早く目が覚めたのでホテルの付近をウロウロしながら撮影することにしました。

_07P3354_HDR3
早朝ホテルから撮影した町の景色(HDR加工)

天気予報では、雨の予報でしたが今日も晴れ。朝はすがすがしいけど暑くなりそうな感じです。

台湾に来たからにはやはり小籠包は外せない。そして小籠包と言えば「鼎泰豐」ディンタイフォン。日本でも食べれるお店ですがどうせなら本店に行ってみたいと言うことで鼎泰豐本店は旅の予定に組み込んでありました。

しかし、ガイドブックを読むと大変混み合う名店なので朝一がお勧めと書いてありました。

朝9時からオープンということですが、

台湾のお店は開店時間前に開ける店も多いので早めに行ったら大正解。

待たずにすぐ入れました。

メニューは日本語でも書かれているし、きちんと写真も付いているので普通の日本のレストランに行く感覚で注文できます。

_07P3430

とにかく、どれもおいしそうでどれにするか迷うくらい色々な種類がありました。

そんな中注文したのは、定番の普通の小籠包とカニみそで味付けがしてある小籠包、水餃子、餅米が入った焼売、それに炒飯。後はあんこの入った饅頭を注文しました。

_07P3436

_07P3445

 

どれもおいしかったですが、やはり定番の普通の小籠包が一番おいしかったので再度追加注文しました。

 

一階が調理場になっていて、黙々とたくさんの人が小籠包を包んでいました。

_07P3447

 

食べ終わった後、店を出たらすでに行列だったのでオープン前の早めの時間に行くのがお勧めです。

二日目にしてやっとまともな物が食べれました。

_07P3453

台湾旅行記

>>台湾旅行記1-阜杭豆漿

>>台湾旅行記2-九份茶房

>>台湾旅行記3-九份

>>台湾旅行記4-鼎泰豐本店

>>台湾旅行記5-台北101

>>台湾旅行記6-士林夜市

>>台湾旅行記7-迪化街

>>台湾旅行記8-華山1914文創園区

>>台湾旅行記9-君品酒店(パレ・デ・シン)