ドローンを購入して色々テスト飛行をしているうちにドローンの危険性を感じるようになりました。何もない広い草原を飛ばしている分にはあまり恐怖をかんじませんが、市街地などで上空まで飛ばすときは結構恐怖感を覚えます。

今までの航空写真の代わりにドローンを使いたいという要望も増えています。

 

例えばこの写真の高さで地上130mくらいでした。すでのドローン本体は肉眼で見えるかどうかです。

DJI_0032

学校の施設全体を写そうとするとさらにもう100mは高度を上げなくてはいけません。そしてもう少し引いた写真にしたい場合は敷地の外に出して撮影しなければなりません。

その場合は他人(お客様以外)の敷地の上空を飛ばすわけですので墜落した場合はそれなりの賠償が発生するのは必至です。

もちろん墜落した場合の話です。

世間一般的には色々言われているドローンです。そして誰でも気軽に購入できますし飛ばせます。

車と同様に人に危害を与える危険性のあるものは例えおもちゃでもきちんと責任がとれる体制でいないと被害者はもちろん、加害者本人の人生を狂わせるものだと感じました。

免許制度や保険加入の義務化などの法整備は必須だと考えています。

というわけで購入からしばらくドローンを飛ばしていませんでしたが、9月1日を持って保険加入の手続きが整いましたのでドンドン練習していきたいと思います。

>>ドローン撮影の詳細はこちらへ