自分は楽譜も読めないし、そもそもピアノは猫踏んじゃった位しか弾けない。

だから、音楽を自分で作るなんてことを考えたこともなかった。でもふとしたきっかけで足を踏み入れた楽器屋さんでDAWなる言葉を聞き、ふと思った。

あれ、これなら俺できるやん。というかDJよりこっちの方が自分がやりたいことだ。と気づいた。

DAW

デジタル・オーディオ・ワークステーション(Digital Audio Workstation、略称DAW)は、デジタルで音声の録音、編集、ミキシングなど一連の作業が出来るように構成された一体型のシステムを指す。引用元:wikipedia

DAWを行うソフトを紹介

まずはじめに、Mac買ったら付いてくるGarageband(ガレージバンド)これもDAWの仲間です。このほかにもガレージバンドの親分的な存在のLogic Pro X、Cubase、FLstudio、AbletonLIVEなど結構な種類があります。

もうまず、このソフト選びから迷うわけです。なんせ、買ってすぐ使えるというものではないので気に入らなければ売るということができない。

使い方を覚えるという工程があり、基本的な使い方の流れはどのソフトもほぼ同じ(abletonLIVE)はちょっと特殊でもやはりあれもこれもソフトの使い方を覚えるは大変なんで、なんとか自分にあったソフトを最初から選択したい。

ということで、まずは無料で付いてくるGaragebandで作曲の流れをつかむことにしました。

とりあえず、一番簡単に音楽ができあがるのはLOOP素材をポンポン並べていって音をミックスして音楽にするという方法。

簡単に結構いい感じの音楽ができあがります。

Logic X proの画面

画面はGaragebandの兄貴的存在のLogic X Proの画面ですが、基本同じです。

行になっているのが音源で、バンドでいうところのギターやドラム、ボーカルといったパートになります。

そして、画面右のリストになった部分がループ素材でこれを真ん中の色が付いている部分にドラック&ドロップするだけで音がなります。

いろいろなループ素材を順番に感じよく重ねていくだけで結構イケてる音楽になります。

楽器や人がいらない

これを見てピンときた方もいるかと思いますが、音楽の中にギターやベースのパートを簡単に配置できます。さらにはこの中にチェロやピアノ、ボーカルなんかも配置できます。そして、一つのMIDIコードで音源を変えるだけでその楽器で演奏しているかのような音がでます。

こうなるともう、楽器も人もいりません。

ボーカルに関してもみなさんもご存知の初音ミクというボーカロイドがいます。ちなみに初音ミクをただのオタクキャラだと思っている方も多いですが、ボーカロイドといてボーカルをパソコン上で表現するすごいソフトの名前です。

これを知った時、ぼくはDJじゃなくてこっちだなって思いました。

さらに話を聞いていくと DAWにはいろいろなソフトがあることを知りました。

そんなソフトについては後日紹介します。