音楽をやろうと思った。小学校の頃から音楽が苦手だった。苦手だったというか音楽の先生が嫌いだった。

そして楽譜を読んだり、楽器を演奏するのも苦手だった。

そんな苦手意識があってか音楽を自分で始めようなんていくことはこの歳(現在44歳)になるまで考えた事もなかった。でも音楽を聴くのは大好きです。

なぜ音楽をやろうと思ったのか?

時々、動画編集の仕事が来る、そんな時に必要なのがBGMだ。正直BGMを自分で作るという発想なんてなかったぼくは、音楽素材のサイトから購入して、それを無理やり尺を動画の長さに合わせて編集していた。「こんなところで急に音楽が切れるのも変だな」なんて事を考えながらしかたなくそれで納品していた。

DJという発想

そんな時、マーケティング塾である人に出会った。ぼくよりだいぶ年上で工務店をやっている社長。大仏に似ているのでぼくはDJ BUTTAって呼んだ。

そんなBUTTAのDJブースに行った時に「あっ既存の音楽も音楽ってこうやってミックスできるんや」結構楽しそうだな。そして自分にもできそうだなって。

はじめに買ったもの

DJBUTTAのやっているのはアナログミックス・昔ながらのレコードを流してそれをミックスするもの。でも僕が目指しているのはEDM(エレクトリック・ダンス・ミュジーック)でパソコンを使ってやるいわゆるPCDJというものです。

機材もだいぶ違うのでBUTTAに聞く分けにはいかない。

正直、なにから手を出していいかもわからない。どこに何を買いにいけばいいかもわからない。とりあえず家電屋で行ってみたけどそれらしきものは置いてない。

そこではじめに買ったのが「本」。昔からなにかわからない事があるとすぐに本に頼った。

そこでAmazonでDJで検査して出てきた本を数冊購入。

とりあえず、ここの本に載っている機材を買ってみた。DJコントローラーの入門機。

PionnerDJ DDJ-SB2

なんかちゃっちいけど、まあ入門機だからこんなもんかと思いながら使ってみた。

うん。結構楽しい。

とりあえず、これをいじって練習するとしよう。