ブログだけじゃだめだけど、ブログが大事

最近、ちょっとづつブログを書き始めた事による効果を実感しつつあります。

ブログというとブログだけになってしまうのですが、ブログだけではやっぱりダメでSNSと絡めてやっと結果がでるのかななんて思ってます。

ちなみに、現在主流のSNSはFacebook、twitter、Instagram、LINEなどがありますがそれぞれ特徴があってターゲットや目的によって使い分けが必要です。

SNSツールターゲット拡散能力特徴
Facebook社会人(ビジネスマンが多い)
  • Facebookは実名で使用するため言葉に重みが必要
  • 書いた事がそのままその人の人柄となる。
  • 主に近い人同士のコミュニティー。
  • 基本リアルにあった人同士での繋がり。
  • 知らない人からの友達申請やコメントには違和感が出る。
twitter学生・社会人(若者中心)
  • 実名でなくてもよい。
  • 文字数制限があり長文が書けない。
  • 気軽に投稿できる。
  • 対面した事ない人でも気軽に繋がれる。
  • 知らない人でも気軽に関われるという暗黙のルールがある。
  • そのおかげで知らないところで知らない人たちにどんどん拡散されていくという特徴を持つ。
Instagram主婦などの女性
  • 基本写真中心のSNS。
  • 文字が少なくてもいいし、なくてもいいいので投稿がとても気軽。
  • 拡散能力が低い。
  • ハッシュタグを使うとにより投稿を分類しているので趣味趣向を整理できる。
  • 好きな物同士のコミュニテイーができやすい。

これらのツールを図書館に例えると、

ブログが、本棚に置いてある本。

Facebookは、受付や本を整理しているお姉さん。

Twitterは、新刊案内などを掲示している掲示板

Instagramは、本棚それぞれに貼ってあるインデックス。

って言ったとこでしょうか?

それぞれが、それなりの役割を担っていて目的の本(ブログ)に誘導していくって流れになっているのでやはり最終的にはブログがメインコンテンツになるということになります。

グーグルで何か調べ物をした時には、多くの場合が誰か親切な人が書いたブログに行き当たるかと思います。

良質なコンテンツがほしいグーグルはブログを優良なコンテンツとして評価していて、そして、グーグルの検索順位をあげるためにみんなが必死になって良質なコンテンツを生み出すという正のスパイラルを巻き起こしているからです。

まとめ

ブログは蓄積型。書いた物は資産になる。SNSはそのブログにつなげるためのツール。

それも人と人とでコミュニケーションを取りながらつながりの中から情報を拡散していくメディア。