Mac買いたいんだけど何がいいですか?って質問をちょいちょいもらうのでちょっとまとめてみました。

MacとWindowsの違い

OS(オペレーティングシステム)は基本(影の存在)なので、違いそのものは操作性とちょっとした機能の違いくらいです。だから慣れてしまえばどっちがどっちということもありません。僕自身使っていても両方ともそんに違和感なく使えます。どちらかというとMacの方が直感的に操作できるかなって思います。

下記にぼくが思うOSの違いを紹介します。

  • ウイルスなどの悪意のあるプログラムが格段に少ない。

MacはWindowsに比べ、シェアが格段に少ないので出回っているウィルスも格段に少ない。よくMacはウィルスにかからないと言われるけど絶対的に出回っているウィルスの数が少ないだけです。

  • ハードウェア提供の仕組みの違い。

Windowsはパソコンショップに売っている部品を組み合わせてパソコン自体を自作できる(ハードがオープン)いわゆる互換機上で動作します。ハードとソフトを別々の会社が提供しているので相性の問題でシステムが安定しない時がある。その点Macはハードとソフトを同じ会社が提供しているので相性の問題もなくシステム自体が安定している。

  • 使えるソフトの違い。

Windowsにしか動かないソフト、逆にMacでしか動かないソフトがある。(特にプレゼンテーションをされる方はkeynoteをおすすめします。)ただし、Mac上でWidnowsも動かせるのでMacを持っていれば両方対応できる。

MacでWindowsを動かす方法

MacでWidnowsを動かす方法は大きく分けて2種類あります。

Bootcampを使う

BootcampはMacOSに付いている無料ソフトで、BootcampにWindowsをインストールするとWindowsとして起動します。

見てくれはMacだけど中身はWindowsになります。かっこだけMacでいいやという人にはこの方法がオススメです。再度Macに戻したい場合はMacOSを選択して再度起動し直せばOKです。

仮想OSソフトを使う方法

Paralles DesktopやVMware Fusionなどの仮想OSソフトをインストールして、そこにWinodwsをインストールして使う方法です。あくまでMacのソフトの一部として起動しますのでMacとWindowsを切り替えながら使うことができます。

1台のパソコンで2つのOSを起動させることになるのでそれなりのパソコンのスペックが必要になります。僕自身以前は、VMware Fusionを使っていましたがParallesのほうが安定していたので今ではParallesを使っています。

ぼくがMacを使っている理由

Macとの出会いはもう15年以上も前になります。業界標準のAdobe製品のソフトがMac版しかなかったので基本印刷業界はMacが主流でした。今ではWindows版もあるのでWindows版を使っている印刷会社も多い。

システムが安定している

一太郎などのWindows専用ソフトのデータが入稿される場合もあるので基本文字物(冊子などのページが多い印刷物)はWindows、チラシなどで大量のテキストの流し込みが不要でデザイン重視のものはMacを使っています。

そんな中、Windowsは1年位経つと動作が重くなり、なんだかんだ1年に一回くらいはクリーンインストールします。これが結構めんどくさい。それに比べMacはずっーと安定していてほとんどクリーンインストールすることはありません。

モニターの性能がいい

市販のモニターの色は基本バラバラでメーカーやパネルの方式。経年変化により色のバラツキも出てきます。それに比べ、Macで使われているモニター(IPSパネル)は色が安定していて、特に調整することなく印刷物に近い色合いで表示されます。

おしゃれ

スタバとかで仕事しているとなんかカッコよく見える。笑

パソコンのスペックの見方

Appleのホームページを見に行っても、スペックが並んでいてどれを選んでいいかわからないと思うので、スペックの見方を紹介します。

spec

この中で注目すべきは、ディスプレイ・プロセッサ・メモリ・ストレージ・拡張性です。

机の前で作業する自分を想像してみてください。ディスプレイは「めがね」、プロセッサーは「自分の能力」、メモリは「机の広さ」、ストレージは「引き出しの数や大きさ」、拡張性は「コンセント」です。

ディスプレイ

ディスプレイは2種類あります。retinaディスプレイかそうでないか。retinaディスプレイはドットが小さく解像度の高いモニターなので小さな字や写真の細部もくっきり綺麗に表示できます。さらにretinaディスプレイはIPSパネルを使用しているので見る角度によって色が変わったり見にくくなったりすることはありません。いわゆる視野角が広い。ほぼ真横から見ても同じように見えます。

やっぱりおすすめはretinaタイプです。MacBookAIRにはついていないのでMacbookかMacbookProが選択肢になります。

いいめがねをかけて作業するか、多少色味が悪くぼやっとした安物のめがねをかけて作業するかの違いになります。

まあ、両者とも見慣れてしまえばそれほど気になりません。

プロセッサー

プロセッサーは自分自身の作業能力です。数値(クロック数)が高いほど処理スピードがあがり、コア数が多いほどいろいろな作業を同時にこなせる能力(マルチタスク)が上がります。パソコンを使って何をするかによりますが、ネットサーフィンやワードなどのオフィスソフトを使う程度であればそれほど意識する必要はありません。

メモリ

メモリは作業する机の広さ、これが大きいほど作業効率があがります。机の上に出し切れなかったものはその都度引き出し(ハードディスク)にしまわれてしまい、その分作業効率が落ちるので机も広い方がいいです。MacとWindowsを同時に動かす場合には2台分のパソコンを動かすのと同じになるのでその分メモリが必要と考えたほうがいいです。できれば8GB以上ほしいです。

ストレージ

ストレージはハードディスクのことでデータを入れておく引き出しです。引き出し自体は外付けのハードディスクをつなげれば増やせれるので容量よりもストレージの種類で選んだ方がいいと思います。

ハードディスクには昔ながらの円盤が回転するものとSSD(フラッシュストレージ)の2種類があります。SSDは読み出し書き込みスピードが格段に違いめちゃ早いです。古いパソコンでもSSDに変えるだけで現役で使えたりします。

さらにSSDは機械的構造でないので衝撃に強いです。以上の理由から断然SSD付きの物を選んだ方がいいのですが、SSDは高価なので容量が増えると価格が跳ね上がります。今のMacBookはすべてSSD(フラッシュストレージ)が採用されています。

ちなみにぼくが持っているMacbookProは最初258GBのSSDが付いていましたが、dropboxやiTuneなど使っているとすぐに満タンになってしまうので1TBのSSDに交換しました。

_1000388
1TBのSSD

ちなみに、ぼくがMacの部品を調達しているのはここ >>秋葉館

※Macは分解した時点で保証外になります。以前買ったばっかのiMacのハードディスクの容量を増やそうと分解して交換しようとしたら煙が出てきて1日でゴミになったことがあります。

拡張性

拡張性の中でも気にしたいのがコネクターの数です。得にUSBコネクターは多い方がいいですが、これもUSBハブなどくっつければ増やせれるのですが、2.5inch外付けHDDなどのバスパワー電源を必要とするデバイスをくっつけるのは電力供給不足になるのでおすすめできません。Macbookにはこれが1つしかないので不便に感じることも多々あるかと思います。

結局なにがいいの?

結局なにがいいのってことですけど、やっぱり自分がどういうスタイルでMacを使うのかによると思います。

スタバで「ドヤリング(スタバでMacいじってドヤ顔している人をいうらしい)」するくらいならMacbookが小さくてスタイリッシュでいいと思いますが、自宅や会社で仕事用としても使いたいならプロセッサーなどの基本性能が断然上になり、拡張性能(コネクターの数)が高いMacbookProがオススメです。

ちなみに僕が持ってるのは、MacbookProの15inchで、1台のMacで会社・自宅・外出をまかなっています。会社にいるときは外部ディスプレーにくっつけてデスクトップ代わりに使用します。コネクタを2つ繋げてフタを閉じればもうデスクトップパソコンになります。

自宅でも作業するので15inchにしましたが、会社と外出先だけなら13inchのほうが持ち運びがしやすくていいと思います。

_1010029

ってことで、スタバで「ドヤリング(スタバでMacいじってドヤ顔している人をいうらしい)」する外出先でちょっとだけ使うだけならMacbook、会社や自宅で結構がっつり使う予定があるならMacbookPro13inchで、予算がゆるす限りストレージの多いもの。